海外で役に立つ食物アレルギートラベルブック
5月2日リリース トラベルブック
1セット(50冊)7500円(税込•送料込
 
 入手する
 
 

食物アレルギーの子供たちが海外修学旅行や文化やスポーツの海外交流などで保護者の引率なしで海外渡航した際、少しでも安全対策の一助になればという願いで作った冊子です。 ポーチに入るサイズで「これだけは伝えたい」という内容を16ページに集約)
 
 伝えるための準備をして出かけましょう!
 海外への家族旅行、修学旅行、語学研修、選手権、また、海外での挙式など子供たちが海を渡る機会は多くなりました。もし、子供に食物アレルギーがあったら、そんな時、どのように食物アレルギーを伝えたらいいのかな、と不安に思ったことがありませんか?だとしたら、この本が少し皆さんのお役に立てるかもしれません。食物アレルギーがあるならこれだけは伝えたい、事前に調べておきたいことをまとめてみました。食物アレルギーの皆さんができるだけ安心して過ごせるように旅先での誤食防止の一助になれば幸いです。
 
 
企画監修 : 海老澤 元宏  (国立病院機構 相模原病院 臨床研究センター アレルギー性疾患研究部長)
英訳監修 : 西野  誠  (国立病院機構 相模原病院 小児科)
 

 

内容の一例です。 必要事項を事前に記入しておけるように空欄を設けています。

 

◆言葉で伝える、表示で確認する(p3~p10)
◆見せて伝える(p11~p13)
◆書いて備える(p14~p15)
 
ページ詳細
 
◆2-3ページ
はじめに
例えば、ピーナッツアレルギーの場合
 
◆4-5ページ
リクエストする
 
◆6-7ページ
購入時(食品表示)
スーパーで商品を購入する際のパッケージ原料表示用語
 
◆8-9ページ
症状
 
◆10-11ページ
誤食してしまったら
 
◆12-13ページ
飲食店で役に立つカード(注/サインプレートではありません)
 
◆14-15ページ
食物アレルギー緊急時情報
 
 
(注意)海外の食品表示が国によっては異なりますので、ご了承の上、ご活用ください。また、航空会社(特に海外の航空会社)により対応が異なる場合がございますので事前にお問い合わせの上、内容をご確認ください。
   

1セット(50冊)7500円(税込•送料込
 
 入手する
 
 
医師の方へ

 
配布に協力していただける医療機関を募っています。現在、全国で320カ所以上の病院で配布しています。受診した患者さんへのサポ−トツール配布にご協力をお願い致します。

 
 
保護者の方へ

 
患児保護者の皆さまへ。医療機関からサポートカードを受取る方法をご案内します。各種サポートカードは医療機関を受診される事を前提に配布される仕組みを徹底しています。

 
 
保育園や学校関係者の皆さんへ

 
保育士・教職員・調理関係者の方へ。園や学校でのアレルギー児対策について一緒に考えてみませんか?当団体の活動をご活用いただき、食物アレルギーに対する環境整備を。

 
 
配布病院を見る
 
 
内閣府ホームページ