医師の皆様へ
カード配布を希望されている医師の皆様へ

 
 
食物アレルギーサインプレート及び緊急時カードは、医師から食物アレルギーの患者さんにお渡しいただいています。
私達から希望者へのお引き渡しは一切致しておりません。医療機関の皆さまのご協力を宜しくお願い申し上げます。
 
 
食物アレルギーサインプレートは医療機関から配布しています。
 
 
配布にあたり、食物負荷試験実施病院または食物負荷試験にご理解ある医療機関からの配布をお願いしています。
 理由は以下の通りです。
・診断不確定の方が自己判断で除去する事がないようにまずは医療機関を受診するきっかけとなる為に。
・診断から数年経過していても今もなお心配で、念の為に除去を
 数年来継続している方に改めて受診していただく為に。
・お子様の成長と必要に応じて食物負荷試験をご検討いただけるように。

 
 
食物アレルギーの子供達の生活は保育職員や調理員、ご友人の方々のご協力が不可欠です。
 
周囲の皆様にしっかりとご協力いただく為にも、このサインプレートは以下の信頼と認識を持って広く一般に普及していくべきと考えています。
 
・医療機関から配布されているものである事
・医師の診断により、必要最低限の除去指導を受けている事
・自由に入手し、自己判断で利用できるものではない事
 
 
以上のような理由から、私達から希望者への直接のお引き渡しは行っていません。
また同様の理由で、他人が入手したものをコピーして利用する事もご遠慮いただいております。
 
必ず患児本人またはそのご家族が主治医から入手して、必要最低限の除去指導のもと、ご使用いただくようにご案内しています。
 
 
 
しかしながらまだ配布医療機関数が充分ではなく、希望される方が入手できない場合もあり ご迷惑をおかけしています。そこでより多くの医療機関の皆さまにもぜひこのプロジェクトにご参加いただき、 普及活動にお力添えをいただければ大変有り難く存じます。
 

 
より多くの患者さまに活用していただけるように、配布にご協力をお願い申し上げます。
 
尚、大変恐縮ではございますが、不必要な除去を助長してしまうことがないように下記の配布条件をご承諾ください。
 
1.食物負荷試験を行っている病院またはクリニック、もしくは食物負荷試験にご理解のある病院、またはクリニックでいらっしゃること。
 
2.食物アレルギーの診断により除去指導された患者様が、いずれ除去が解除されサインプレート・緊急時カードが必要でなくなるまで見守っていただけること。
 監修 神奈川県立こども医療センターアレルギー科 栗原和幸
 
※上記に該当しても、医院の宣伝目的でツール配布をPRしたり利用することは固くお断り致しております。
 
医療従事者の皆さま(配布協力医療機関の皆さま)
 
 
配送料に関するお知らせ
 
日頃より食物アレルギーサインプレート・緊急時カードの配布にご協力を頂き、誠にありがとうございます。

これまでサインプレート・緊急時カードをお取寄せ頂く際には、着払いにて送料のご負担をお願いして参りましたが、2013年6月よりこちらで負担させて頂くことにしました。

理由と致しましては、

・手続き上、着払いができない医療機関があったこと
・指定宅配業者を使用しない場合は受けられない医療機関があったこと
・前日までに現金を用意しなければ対応できない医療機関があったこと
・切手などによる代替えでの支払いになる医療機関があったこと
・受取人不在や休診日の場合受取りができない医療機関があったこと

であり、このような医療機関の皆様には大変ご迷惑をおかけしておりました。

今後はメール便(クロネコヤマト)にてお送りさせて頂きたいと考えており、ポストへ投函させて頂く事となると思います。多量のお取り寄せの場合、梱包を分割し郵送させて頂く等これまでとは異なる対応もあるかと思いますが、引き続きお願い申し上げます。


サインプレートの制作経費や配送料などは、助成金や寄付金、協賛金によって支えられ現在まで運営が出来ている状況です。将来に向けて安定し継続的に配布を行っていくためにも、医療従事者の皆様のご支援を賜りたくご寄付のご協力をお願い致します。この場を借りて、ご賛同していただける医師の皆様のご支援を賜りたくご検討をよろしくお願い申し上げます。
 

医師の方へ

 
配布に協力していただける医療機関を募っています。現在、全国で320カ所以上の病院で配布しています。受診した患者さんへのサポ−トツール配布にご協力をお願い致します。

 
 
保護者の方へ

 
患児保護者の皆さまへ。医療機関からサポートカードを受取る方法をご案内します。各種サポートカードは医療機関を受診される事を前提に配布される仕組みを徹底しています。

 
 
保育園や学校関係者の皆さんへ

 
保育士・教職員・調理関係者の方へ。園や学校でのアレルギー児対策について一緒に考えてみませんか?当団体の活動をご活用いただき、食物アレルギーに対する環境整備を。

 
 
配布病院を見る
 
 
内閣府ホームページ