私たちの取り組み

 
食物アレルギーサインプレートの普及に向けた啓発活動
 
活動指針
・大人はもちろん子供同士でも食物アレルギーを理解し支え合えるようなツール作りと普及
・食物アレルギーでお困りの方々を専門医に繋げる。

食物アレルギーサインプレートと緊急時カードは私達から希望者にお引き渡しすることはなく、医療機関から患者様に配布のご協力をお願いしています。その際に正しい診断による必要最小限の除去指導が受けられるように、食物経口負荷試験実施医療機関または同試験にご理解のある医療機関に配布にご協力いただいております。
 

1.ツール制作と普及活動
 
主に食物アレルギーサインプレートと食物アレルギー緊急時カードと名付けた二種類のツール制作と普及活動を行っています。これらのツールは医療機関でのみ配布しています。食物アレルギーの子供達が周囲の人たちに分かりやすくアレルギーの事を伝えられるようにと考案しました。
 
2.患児教育の提案
 
ツール利用を介して、食物アレルギーの理解と自覚を促す患児教育を提案しています。
食物アレルギーサインプレート及び緊急時カードは、お医者様からもらってもそのままでは利用できません。ちょっとした手間がかかります。その「ちょっとした手間」をぜひ患児本人と共有し、本人の理解と自覚を育てるきっかけに役立てて下さい。その為にお子様が記入練習できる緊急時カード練習帳を緊急時カードと一緒にご提供しています。
 
★ 自分でつくる
サインプレートのアレルゲンイラストを自分で選ぶ、切る、貼る
 
★ 自分で書く
緊急時カードの内容を自分で考える、書く、覚える 
 
3.標準治療に繋ぐ試み
 
ツール提供を介して患者さんを標準治療に繋ぐ為に、講演会の企画・開催といった啓発活動も行っています。
 
何年も前に診断を受けたままで念の為に今も除去を継続している方、食物アレルギーが心配で自己判断で除去をしている方などを医療機関につなぐために、これらのツールは医療機関からの配布に限定しています。
 
子どもたちの成長と必要に応じて、食物負荷試験を検討していただけるように、食物負荷試験実施病院または同試験にご理解のあるクリニックからの配布をお願いしています。
 
4.一般への啓発活動
 
私達は今後、広く一般への啓発活動も行っていきたいと考えています。毎日の生活におけるアレルゲンの除去管理は大変ですが、周囲の理解と協力が何よりの励みとなります。だからこそ食物アレルギーの事をもっと多くの人に知ってもらいたい、その為に出来る事を少しずつはじめています。

平成24年度 藤沢市公益的助成事業
「食物アレルギーサインプレート普及のためのCM放映事業」
 
 
 
医師の方へ

 
配布に協力していただける医療機関を募っています。現在、全国で320カ所以上の病院で配布しています。受診した患者さんへのサポ−トツール配布にご協力をお願い致します。

 
 
保護者の方へ

 
患児保護者の皆さまへ。医療機関からサポートカードを受取る方法をご案内します。各種サポートカードは医療機関を受診される事を前提に配布される仕組みを徹底しています。

 
 
保育園や学校関係者の皆さんへ

 
保育士・教職員・調理関係者の方へ。園や学校でのアレルギー児対策について一緒に考えてみませんか?当団体の活動をご活用いただき、食物アレルギーに対する環境整備を。

 
 
配布病院を見る
 
 
内閣府ホームページ